不妊という問題に対して漢方というアプローチを試みる

SITEMAP
不妊

食生活や生活習慣を見直して不妊で悩まない体づくりを

現代の日本人の不妊治療者は年々増え続けています。主な理由としては晩婚によるものです。ですが、最近は若い年齢の方も不妊治療を受けているケースが多いです。中には子宮の病気によってなかなか授かることが難しい方や元々子供を授かれない体質の方もいますが、それらの要因とは別に日頃の食生活や生活習慣が原因で不妊となってしまうケースが多いです。
男性、女性ともに治療に対し嫌な思いをする前に、まずは日頃の食生活や生活習慣を見直すことが不妊にならないようにするための第一歩です。仕事が忙しいため、食事はコンビニ弁当やカップ麺で済ませているところを自炊できる日は頑張って自炊をし、添加物まみれの食事を少しでも少なくすることが大事です。添加物は卵子や精子の状態を悪くしてしまう主な原因の一つでもあります。
また、仕事でのストレスを溜め込まないためにも休日はストレス発散をして気持ち的にも楽にすることが大事です。ストレスもやはり卵子や精子の状態を悪くしてしまいますので、気持ちの切り替えも必要です。あとは、食事では補えない栄養を摂ることも不妊にならない体づくりの一つであるため、マルチビタミン剤を補助的に飲むことで体の隅々まで栄養を行き渡らせることも重要です。

Press Release